オフィスで活躍するOA機器の複合機は、買い上げやリースなど、幾つかの導入方法があります。そしてRICOHではオフィシャルのソリューションサービスとして、複合機などのレンタルサービスを提供していますから、必要な場合では効果的に活用することができます。例えば普段の業務量を超える大量の資料を作製する必要が出た場合など、一時的に増設した場合ではレンタルが有効になります。また、研修を社外の会場で行う場合など、臨時的な導入と致しましても、レンタルが高い効果を発揮します。そのほか会計監査など、大量の複写を伴う業務が発生する時でも、RICOH製の複合機が重宝する場合が多々ありますから、レンタルで補うことも効率的な対策になります。そのため催事や業務で一時的に追加増設を必要とする時は、RICOHの短期間レンタルを活用することが肝要です。

RICOHの複合機のリースの選択肢について

RICOHの複合機を簡単に設置することが可能なリースには、様々な契約内容が存在しています。そのため、会社に必要とされる契約内容を選択して、適切な形で利用していくことが可能となっています。主な契約内容として、導入費用やランニングコスト、サポート体制などに選択肢が用意されています。導入費用は、導入時に必要となる費用で、設置費用や初期導入費用などとなります。無料となっている業者も多いので、RICOHの複合機を安心してリースできます。また、ランニングコストは、トナー代や用紙代などななっており、リース料金に含まれている場合もあります。さらに、サポート体制によっては、24時間体制の保守点検を行っている場合もあるので、会社の業務に支障なく利用していくために役立ちます。このように、RICOHの複合機の契約内容には、様々な選択肢があるので、ニーズに適した形で利用可能です。

RICOHの複合機を利用する

オフィスでRICOHの複合機を使っているところは多いです。1台で様々な役割を果たすことが出来るので便利です。省スペースで対応をすることが出来るのものあるので、安心をして利用をすることができます。電気代に関してもそんなにかからないということもあるので、省エネにも関係します。まずはどういう機種があるのか、電気代はどれくらいかかるのかと言うことも確認をしておくとよいでしょう。定期的にメンテナンスを行ってくれる代理店もあるので、何かあった際にはすぐに対応をしてくれることもあります。カウントに関しても自動的にチェックをしてくれる機能を兼ね備えている機種もあるので、カウントに関する問い合わせにも対応をしなくても良い場合があります。より使いやすい環境になっているので、もっと便利になってきているので安心できます。